アパレルせどり 出品方法

0

     

     

     

    今日は暑い 岡山です

     

    ども、ひろじー です。

     

     

    今日からブックオフがウルトラセールやってます

    以前は よくブックオフへ行ってまして

    セールの日は 朝一から仕入れてました。

     

     

    今日も息子が・・・

     

    あ、僕 子供三人います(笑)

     

    その息子が用事ついでにブックオフへ行ったそうです。

    駐車場はいっぱい 棚はスカスカだったらしいです

    ま、そうなりますよね。

     

     

    アパレルでも今はセカンドストリートや

    リサイクルショップでもセールやってますね

    僕も一度だけ 今回のセールには行きましたが

    気が向けば また行きたいですね。

     

     

    で、今日は アパレルせどりの出品について

    出品と言っても 簡単といえば簡単なんですが

    つまずく事もあったりします。

     

     

    それは 店舗で仕入れてきて

    検品ってします。 これは店舗でもやるんですけど

    一応 帰宅しても 再度 検品します。

     

     

    アパレルって お店で見るより 自宅に帰って

    ゆっくり見た方が良くわかるんですね。

     

     

    実は僕も先日 セカンドストリートで仕入れたものが

    検品している時にステッチの飛びがありました!

    これは痛恨のミスです。

     

     

    確かに 安いと思ったのですが

    まさか・・・ここに ってところ

    これにはビックリもしましたが 買って帰っているので

    返品も出来ず 次からはこういった失敗はしないように

    しっかりチェックしたいものです。

     

     

    こういった感じでアパレル 特に古着など仕入れる時

    店舗では分からない シミや破れなどあった場合

    かなり利益取れるな と思ったらしみ抜きや修理って選択肢もあります。

     

     

    僕の知ってる方は

    高利益取れるものは修理に出されています。

    そして高利益を叩き出してます!

     

     

    詳しくは言えない部分がありますが

    僕の経験上では 洗濯ぐらいはするかな? 程度です。

     

     

    シワとかは激しい場合はアイロンをします

    また きつい臭いがある場合は洗濯して干乾し

    でも、あまり綺麗でないものは仕入れません。

     

     

    手間もかかるし 時間も取られます。

     

     

    こういった事ってやってみないと分からない事で

    最初から考えていたら行動できませんので

    あまり深く考えないで仕入れを 僕はしています。

     

     

    ま、twitterとか見てると

    しみ抜きしたり アイロンがけしたりしている方は多いです。

    でも、それは主婦の方が多かったりして

    生活の延長線上にせどりがあるって場合ですね。

     

     

    やらないよりやった方がいいのはいいです

     

     

    でも、手間と時間が必要

    利益を考えて手間をかけましょう といった話です。

     

     

    僕も 以前 ハイブランドを扱っていた時に

    手間を掛けていました。

    でも、わざわざ痛みある商品を綺麗に見せて販売する

     

     

    これも一つの手法ではありますが

    購入者さんの立場になったらどうかな と

     

     

    自分が購入者で 元の状態を知っていたら

    買わないな と思って もうやめました。

     

     

    なので、手間を掛ける事は良い事ではありますが

    あまりに時間が掛かったり 状態を変えて販売する

    ってなると考えた方がいいよ って話でした。

     

     

    革靴なんか凄いですよね

     

     

     

    ボロボロの状態から 鏡面磨きをして

    ピカピカで販売していますから

     

     

    僕には出来ません(笑)

     

     

    今日はアパレルせどりの出品の方法

    その際 出てくる一つの疑問を僕の解釈で記事にしました。

    綺麗なものを仕入れる

    これは当たり前ですが 痛みがあるものは仕入れない?

    これには賛否あるとは思います。

     

     

    扱っている物は中古

     

     

    綺麗なものばかりではありませんから

    そこは経験ですかね。

     

     

    また この出品の方法は記事を追加していきますので

    参考にして頂けると嬉しいです。

    書ける範囲で書きますね!

     

     

    それでは今日はこの辺で。

     

     

    1